--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
05.31

野菜・フルーツの季節

Category: ハンガリー
いちごの季節!!
フルーツの季節が遣ってくる。
さむーい冬は当分いらない・・・


イチゴ

隣のおばあちゃんのお裾分け。
見た目はちょっとアレですが、とってもあまい!
これからフルーツ三昧です。

そして1ヶ月半ほど前に蒔いた小松菜がいい具合に育ったので収穫。
収穫

小松菜

育ちがかなり早い。
きれいな緑。無農薬なのでカタツムリにかじられた後がところどころにありますが。
2列もある小松菜たちを食べるのは不可能そうなので、お裾分けをしたいのですが
小松菜をどのように調理するべきなのかハンガリー人に伝えるのが難しい。
茹でてお醤油かけて食べるのが一番美味しいんじゃないかと思うんだけれど、
こっちではパリパリという食感を残さない。。。みんなグニャグニャに茹でる。
そんなこともあり、まだ薦める勇気がないのです。
収穫中に犬がドカドカと枝豆ゾーンを踏んでいたので、一喝したらソソクサと逃げていきました。

それから最近は花のジュース作りに挑戦。
bodza.jpg
bodzaszörp(ボッザスープ)(セイヨウニワトコ・シロップ)

このセイヨウニワトコは道端やそれぞれの家の庭に普通に咲いていて
通りを通ると甘い香りふわ~と飛んでくる。
家の庭にはないので、少し離れた林の中からせっせと花房を摘んできて、作ってみました。
なんと5ℓのガラスビン4本も作れちゃった。

材料(5ℓ)
セイヨウニワトコの花序
砂糖 500g
レモン 1個 スライス
ペパーミント 数枚
水 5ℓ

上記をビンに入れるだけ、3・4日待って出来上がりです。
家庭によってレシピが違うようです。
このままでは甘いので水で薄めて飲みます。

ニワトコ、日本では本州、四国、九州に分布しているんだそう。
知らなかった。
以前知り合いに、このセイヨウニワトコを有機栽培しているプロがいて
彼にセイヨウニワトコ園を見せてもらったときに、
日本にもあるのか?と聞かれて、
日本では見たことなかったので、日本にはないと思う。って言ってしまった。。
次回会ったときに撤回します。

ちなみに、英語ではエルダーベリー(elderberry)だそう。
アングロ・サクソン語のエルド(oeld:炎)に由来し、
枝の芯を抜き取ってストロー状にしたものが、火をおこすのに利用されたから、とのことです。
年長者(elder)とは関係ないんだね。
花房が炎のような形をしているっていうことでもないんだね。

知らなかった。

それでは、おやすみなさい。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://murmurmari.blog.fc2.com/tb.php/27-d275e50f
トラックバック
コメント
すてきな生活だね(*^_^*)
tomokodot 2013.06.02 20:44 | 編集
大切に過ごしてる感じがしていいねー
イライラしてないか?

食は大切!
今日奮発して金目鯛を買った。何の祝い事もないけど。美味しく煮付けられるかなぁ?笑
さおりdot 2013.06.09 17:23 | 編集
Tomoko* うん、のんびりした生活よ。小松菜はのんびりせずにぐんぐん伸びるので食べるのに追いつかないけど:-P
murmurmaridot 2013.06.10 04:58 | 編集
さおり*
金目美味しく煮付けられた??私自信がない。笑
イライラはどうだろうか。。。最後にしたのはいつだか覚えてないなぁ
ということで、最近はあんまりしてないってことだ♪
最近の良い天気と果物のおかげかな:-P 単純です。

murmurmaridot 2013.06.10 05:03 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。