--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
12.02

夕星

Category: 音楽
久しぶりの投稿です。

10年以上前に作った曲、
ギターは夫に頼み共同作業でレコーディングに挑戦。

10年前のあの時は曲に思い入れがあり
それから私自身が頑固だったり
曲に対しての自分のイメージを変えられたりする事が許せなかったり
それでもめた事もありましたが
それもいい思い出。

月日がたった今、もう一度歌ってみたいという想いがこみ上げたので
赤ちゃんを抱きながらの熱唱。
途中でしゃべるわ、ゲップをするわ
なかなか簡単ではなかったけど、楽しくできたので良しとします。



スポンサーサイト
Comment:1  Trackback:0
2016
05.31

第二子

Category: 子育て
ついに13日に第二子出産しました。

陣痛が17時に来て、病院へ夫に車で連れて行ってもらい19時あたりに到着。
21時には無事に産むことが出来た。

今回の出産は2回目なので、ほとんど1から10まで全て何が起こるか知っているのもあり
なんだか前回よりも恐怖心が強かった。
知らないほうが気楽だったかな。

でも前回の経験で知っててよかったのは、赤ちゃんがグルグル回りながら産道を通る感覚が
とてもよく感じられたので、冷静にそのときは力を抜いて通らせてあげたり、グルグルの後には力を入れてと、
お互いに協力して出産した感じがあったな。

ただ今回の助産師さんがスパルタだった。

助 二人目だからもう何すればいいかわかってるよね?

私 はい。


助 じゃあ、強い痛みがきたら自分でできるね?

私 ん?(自分で・・・?)


助 この痛みと思ったら、足ここにおいて、息んでねー。
 
と、そこから出て行ってしまった。


前回そんなんじゃなかったじゃーん、みんなで一丸となって産んだじゃん!
先生の手とか握らせてもらったじじゃん!みんなとっても優しかったじゃん!
http://murmurmari.blog.fc2.com/blog-entry-36.html
と、パニックになった。

その助産師さんもチラチラと見に来るものの、とても素っ気無い。
それでも陣痛は容赦なく続き、どうしようもないので、ここは腹を括って1人でチャレンジ。
死に物狂いで息み、自分では聞いたこともない声を発見した。

ようやく赤ちゃんの頭が見えるところまでようやくたどり着き、
助産師さんがよくやったと褒めてくれ、
ようやく先生を呼びに行ってくれ、
4人(私、赤ちゃん、助産師、先生)チーム一丸となり、とうとう出産。

かわいい女の子。

今回も夫は立ち会わず。
でもこれでよかったと思う。
きっといたら集中できず、グルグルのタイミングとか分からなかったと思う。
それに、あの声は聞かせられないね!

Comment:1  Trackback:0
2016
04.28

大失敗

Category: つぶやき
先日失態を犯してしまった。
夜いつも遅くても21時には寝る生活。

明日は色々とやることがあるからと、夜のうちに明日のスープを作ろと決めた。
19時にチキンスープを煮始め寝る前の21時にガスを消そうと思っていたのに、
いつものようにゾリを寝かしつけ、自分もいつものようにベッドへ。

すっかり寝てしまった・・・。



丁度夫が友達のライブを観に行って、深夜2時過ぎに帰宅。

私は彼が部屋に入ってきた音で目を覚まし、おかえりを言うと、

「なんか忘れてない?」と言われた瞬間

青ざめた。

「気をつけてよね。」と優しく言われ、彼は就寝。


もうショックでたまらなかった。もし夫が発見していなかったらどうなっていたか。
すぐに鍋を確認しに行くと、そこには具が丸出しになってスープがちょろっと見えるくらいの煮物のようなものになっていた。

寝かしつけの前に味見したらとてもおいしいスープができそうな味だったので満足していたら、こんな失態でがっかり。
ただこれだけ煮込んだチキンや野菜はやっぱりとてもやわらかく、
味が凝縮していて、それはそれでとてもおいしくいただきました。

また、怒らず、優しく「気をつけてよね。」といわれる側のダメージは大きいなと思った。
自分でも悪いと認めてるだけあって、怒られるよりも、反省度数がはるかに高くなる。

なんだか育児にもつながるなぁと実感。
たまにゾリに物凄い剣幕で怒ってしまうことがあるけど、
こういう風に感じさせることもできるんじゃないだろうか。
ただ道路にいきなり飛び出したり、
そんなシチュエーションの中「気をつけてね。」なんてのは有り得ないけど。
その後のフォローならいいよね。

私も人間だから、気分の悪いときもあるし、
そんなときには荒く扱ってしまうこともあり、
後々すまないなぁと思うことも多々あり。
それでも大好きと言ってくれるゾリや、
器の大きな夫(ただライブが楽しすぎて気分がよかったのもあるかもしれないけれど・・・)に感謝です。



Comment:2  Trackback:0
2016
04.11

3月の満月

Category: つぶやき
3月27日の満月の日から2日間なんだか悲しくて仕方がなかった。
旦那とも沢山話して、自分の中でなんとなくモヤモヤしていたことがはっきりと言葉となって出てきた。
この5年ちょっとのハンガリー生活で起きたことに対して、私はこれでよかったのだろうかと振り帰る2日間だった。

自分がここで何をしてきたのか、子育てをしていると同じことの繰り返しなので
独身で働いていたり、好きなことをやってたりする頃とは違い、達成感があまりないことは確かだった。

義父が他界したこと、義母の情緒不安定な日々に対する対応など、してきたことが正しかったのだろうか。
というか誰かに「この道を選んできたことは正しかったんだよ。」と言ってもらいたかった、これが本音です。

まあ、正しいも何もないんだろうけど。

とにかく、この最後の言葉が欲しかったんだと言えるまでモヤモヤしてたんだね。

ずっと疎かにしていたブログの更新も気分が晴れたので再度ちょっとずつ更新していけたらいいなと思う。


赤ちゃんに会えるまで後もう少し、胎動が激しすぎて眠れない夜が結構あったりして、
前回のような幸せ妊娠生活ではなかったけど、これはこれでこんなもんだろう。あと一ヶ月お付き合いしますよ。

そしてさっきゾリがベットから落ちて、そのままベットの下に入って寝ているのを発見。
なんでわざわざ寒い床で寝るんだろうか、全くわかりません!

それでは。


Comment:0  Trackback:0
2015
11.17

新たに

Category: つぶやき
最近ゾリは大分成長し、素敵なことを言ってくれることがあります。

アニャ(ハンガリー語で「お母さん」)、大丈夫?ゾリがいるよ、怖くないよ。

私の体調が分かるのかしら!?と思うくらいにいいタイミングで聞いてくる。



実は家族に新しい仲間が増えます。
baby


最近までずっと悪阻がひどく、半日寝たきりのこともあるので、
そのせいで体調悪そうな顔が分かるのでしょう。
寝ているときも、
「アニャ、ちゃんと寝ててね、ゾリはここで遊んでるよ!」
なんて優しい言葉が飛び出す。
素敵です息子よ。

そんな優しい息子よ、お願いだからお腹めがけてタックルしてくるのをやめてください。


Comment:4  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。